タグ: 横を向いて眠れない

2020.11 ④このころの様子

★最新記事に飛び、翻訳ページに移ることができます。
★読みたい記事はカテゴリーや過去の記事から探せます。
★翻訳の前に【others】ボタンをクリックし、見たい記事のURLを左側(上側)にコピーし、読みたい言語を右側(下側)で選択すると見たい記事が見られます。




ukiです。ご覧いただきありがとうございます。




CRP値は正常値に近くなったものの、10月と同じくらい歩けませんでした。
娘に家事をまかせていました。私はしあわせ者です。

【注意】下に皮膚の状態の写真あり。





体調

ほとんど歩けず、日によって階段の上り下りもできなくなりました。

これは、10月より悪く、寝たきりだった6月に戻ったかんじです。

長女は卒業制作に忙しかったのですが、家事全般をお願いしていました。

知恵熱かと思っていたのですが、平熱が高くなりました。免疫を抑える薬をやめたからでしょうか。毎日36.8~37.08℃でした。

その頃のメモには、
「寝てばかり。本当は起きたくないけど、ご飯食べなきゃ。具合がよくないから起きたくない。37.04℃。動きたくない。元気ない。黒い便。」と書いてあります。
病気になって半年になるのに、ほとんど治っていなくて、毎日がっかりしていました。


痛みは、両肩 右肋骨 鎖骨 仙腸関節 右もも。
脊椎関節炎なので頚椎・胸椎・腰椎も。

横になるのも起き上がるのも、寝返りも一苦労。

かがんだりしゃがめないので、パンツを下ろす、便座に座る、お風呂、着替えは痛いし、時間がかかります。

皮膚は薬を塗ってしっとりしていますが、これからもっと悪くなりそう。皮がむけてばかりで、皮膚が薄いです。

爪がひどくなってきました。




【ご参考:使用中の薬】

●ビオチン散0.2%フソー1.5g ×3回
● ハイシー顆粒25%   1g×3回
● ミヤBM 細粒      1g×3回
● トアラセット鎮痛剤   
● プリンペラン5mg鎮痛
● セレコキシブ鎮痛剤   
● ランソプラゾール15mg 
● ゾルピデム5mg    


● アンテベート軟膏
● プロペト
● ヒルドイドソフト軟膏 

● ロキソプロフェンNaテープ 









食生活

階段が歩けないので、2階の部屋に食事を持ってきてもらっていました。一人で食事をしていると、仲良し姉妹の声がきこえます。

買い物も料理も娘にまかせていました。生協の大量の買い物と、半調理品、インスタント食品、冷凍食品をよく使いました。

外食もせず、出前もとらず、よくやっていたと思います。

糖質OFFアドバイザー・腸活アドバイザーの観点では、良くない食べ物もたべていました。

今は控えている小麦製品(パスタ、お好み焼き、カレー、うどん、パン)、鎮痛剤&制酸剤、水道水(塩素)、加工食品を摂ることが多かったです。
これらは、腸が弱っている私には、良くなかったようです。

もう少し早くリーキーガットに気が付いていたら、食べ物に気をつけて、便秘もなく、ビオチンの効き目もよかったかもしれません。

でも、そのときは仕方ありませんでした。みんながんばって生活していました。




三角まくら作り②

寝る体制が限られていたので、三角まくらが欠かせません。
これは、両肩や両股関節、腰が痛いときに膝の下に置く枕なのですが、3週間でこわれてしまいました。脚は重いので、頑丈じゃないと持ちません。できあがりは重いです。



【作り方】

⑴三角柱にした牛乳パックに、新聞紙を固くつめ、頑丈にします。
⑵それを何本か束ねてダンボールで包み、三角形に整えます。
⑶薄い枕を巻きます。


横を向いて眠れない方、ぜひ作ってみてください!

また快適に眠れるようになりました。








★★★Twitter連携中★★★
 @ukiblog1

★★★最新ブログは無料でメール購読が便利です。スマホ版は下までスクロールして登録!  ↓↓↓↓↓↓


もし、このブログが良かった、ためになったと思ったら、
下の3つのバナー(四角いマークどれでも)を押していただくと、嬉しいです。
ブログランキングの応援お願いいたします! 
↓↓↓ここをクリック↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ 
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村







Proudly powered by WordPress | Theme: Stacy by SpiceThemes