2020.6 ③総合病院へ

2020.6 ③総合病院へ

★最新記事に飛び、翻訳ページに移ることができます。
★読みたい記事はカテゴリーや過去の記事から探せます。
★翻訳の前に【others】ボタンをクリックし、見たい記事のURLを左側(上側)にコピーし、読みたい言語を右側(下側)で選択すると見たい記事が見られます。


ukiです。ご覧いただきありがとうございます。

このころ、体の痛みだけでしたが、皮膚にも症状が出て
処方されているのは、鎮痛剤と胃薬だけでした。


病名が知りたい!

6月12日、整形外科で総合病院の紹介状をもらい、そのまま総合病院に向かいました。娘はリモート授業のため私を送った後、帰りました。心細い。


私は、リウマチ膠原病内科に行きました。
いままで筋肉痛と言われていたのにリウマチ?膠原病?
意味がわからないし、恐ろしくなりました。


会社には、「病名は?いつ復帰できそう?」と聞かれていたので、早く病名が知りたいし、薬を飲めばすぐ治る!と安易に考えていました。


問診のあと尿検査、血液検査、レントゲン検査をし、また問診。
15日にMRIの予約をしました。

結局、その日は病名はわからず、眠くならない鎮痛剤を処方してもらいました。

4時間もかかり、激痛のためロキソニン(頓服)を飲み、ひとりでバスで帰りました。
会社には、「検査だけで病名がわからなかった」と伝えました。



6月15日MRI検査のみ
バスで行きました。自宅から2分のところにバス停があり、終点が病院です。
バスはとても揺れて、首と腰にコルセットをしても激痛でした。

まずは着替え。
着替えやすい前あきワンピースで行きましたが、検査服に着替えるのにとても時間がかかり、看護師さんが何度も呼びに来ます。10分以上かかったかもしれません。

横たわるのも大変で、検査も苦痛、起き上がるのも時間がかかり、また着替え。
2回目の着替えは「ゆっくりでいいですよ。」と言ってくれました。


最近レントゲン3回。MRIもしたので、自転車を歩行器にして海に行きました

砂浜を素足で歩くと電磁波が吸い込まれてアースの役目をすると聞きました。
本当かわかりませんが、スッキリしました。
(関連記事https://ukiblog.net/2021-10-2/ )




6月19日、昨日から手のひらにできものができました。

リウマチ膠原病内科でMRIの結果を「脊椎にモヤモヤしたものが見えるので、次回から整形外科に行ってください」と言われました。手のひらのできもののことをいいましたが何も言われませんでした。

その日の整形外科は予約が取れず、26日に予約が取れました。
今日も病名はわからず、鎮痛剤のみ。





体が曲がらない

背骨が竹のようになってしまった感じです。
前後に曲がらないどころか、ひねることもできません。

手を伸ばしてリモコンを取ることも、腕を振って歩くことも、おしりを拭いたり、寝たり起きたりするのも痛くてできません。

家の中も伝い歩き。スマホを見る角度に首が動きません。
重病人ってこんなに大変なの? 

末期がんの母でも亡くなる直前まで ひとりでトイレに行ったり、着替えも、寝起きも、ガラケーもしていたので、この不自由さを想像もできず、自分を受け入れられませんでした。


当時の私が愛用していた便利グッズ

  • スプーン:箸をよく落とすので。
  • ストロー:首が上に向けないため。
  • マジックハンド:着替えの時、物を拾う。
  • リンスインシャンプー:早く洗えて、ラク。
  • 泡のボディーシャンプー:なで洗いとシャワーで完了。
  • シャワーキャップ:髪を洗わないとき。
  • ヘルプマーク:市役所でもらいました。
  • 吸い飲み:寝ながら水を飲むときはコレに限る!百均。
  • 赤ちゃんのおしりふき:首が曲がらないので洗顔にも。
  • 踏み台:ベッドから起き上がるとき。ふんばれる。
  • 夜用生理用品:トイレが間に合わないときのために。



【ご参考:処方された薬】

服用薬:セレコックス錠 1回2錠 朝 寝る前 鎮痛剤
    トラムセット 頓服     寝る前 鎮痛剤
    カロナール錠500      朝昼夕 鎮痛剤
    ランソプラゾールOD15mg      胃薬
    プリンペラン          吐き気止め
    







★★★Twitter連携中★★★
 @ukiblog1

★★★最新ブログは無料でメール購読が便利です。スマホ版は下までスクロールして登録!  ↓↓↓↓↓↓


もし、このブログが良かった、ためになったと思ったら、
下の3つのバナー(四角いマークどれでも)を押していただくと、嬉しいです。
ブログランキングの応援お願いいたします! 
↓↓↓ここをクリック↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ 
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村


アバター
uki

神奈川県出身、シングルマザー。娘二人と3人ぐらし。 とても健康だった私が、2020年5月に掌蹠膿疱症性骨関節炎を発症。 家事ができるまでに回復してきたので、病気の経過や生活の変化をお伝えします。2022年4月、指定難病271強直性脊椎炎に認定。  AFP、ライフコンサルタント、きもの講師。闘病中の2020.9 糖質OFFアドバイザー、2021.7 腸活アドバイザー資格取得。  口癖は、「うきうき」。

1件のコメント

2021.6 ①ビオチン療法8ヶ月/EAT(1ヶ月) – 掌蹠膿疱症性骨関節炎のブログ 投稿日:18:18 - 2022年1月24日

[…] 変化しました。激痛が鈍痛に変わりました。朝と夜が規則正しくなってきました。【注意】下に皮膚の状態の写真あり。一年前の病状はコチラ→2020.6 ③総合病院へ  2020.6 ⑤日常生活 […]

コメントを残す

Proudly powered by WordPress | Theme: Stacy by SpiceThemes