2021.10 ④骨髄炎

2021.10 ④骨髄炎

★最新記事に飛び、翻訳ページに移ることができます。
★読みたい記事はカテゴリーや過去の記事から探せます。
★翻訳の前に【others】ボタンをクリックし、見たい記事のURLを左側(上側)にコピーし、読みたい言語を右側(下側)で選択すると見たい記事が見られます。



ukiです。ご覧いただきありがとうございます。



薬指が骨髄炎と診断されました。
以前の記事と重なりますが、昨年からの薬指の様子をまとめました。

【注意】今回は指の写真が多いので、苦手な方はご注意ください。闘病ブログであることをご承知おきください。

海の写真もあります!





昨年~8月
薬指の様子

2020年

10月、左手の薬指の爪の中に掌蹠膿疱症ができました。


11月下旬、爪のところにささくれがあったので取ってしまいました。はじめ何でもなかったのですが、ばい菌が入り、膿んでしまいました。
(10月上旬まで免疫抑制剤を飲んでいたので、傷が治らなかったのでしょう。)


12月、いつもの皮膚科で指を見てもらいました。
抗生物質の服用、外用薬が出ました。爪に穴をあけて、膿を出したりしました。


2021年1月~
腫れは引かないけれども関節炎で腫れているのかもしれない。と言うことでそのままにしていました。



4月5月に爪からまた膿が出ました。腫れはおさまっています。
5月21日 CRP(炎症)値が0.39でとても高かったです(正常値0.14以下)。
今考えてみると、爪の炎症で高かったのだと思います。それから落ち着きました。





8月指の激しい痛みがあり、いつもの皮膚科へ。
「骨が痛いのなら整形外科に行ったほうがいい」と言われました。

次に行ったことのある整形外科に行きました。
レントゲンの結果、「ヘバーデン結節老化が原因で治らないとのこと。激しい痛みは、打撲(2、 3日前にドアに指を挟んだ)ではないか?
様子を見ることにしました。

皮膚科も整形外科も変えて


9月下旬 ふとした振動で骨が痛い時があります。やっぱりおかしいです。
自己判断で「ひょうそ」ではないかと思い、ちがう皮膚科に行きました。

いままでのいいきさつと、写真を見せました。
拡大鏡で指を見ると「指の中にカビがいるようだ。」とのこと。
やはり、ひょうそでした。
それ以来、ルリコン(真菌を殺す薬)と、アクアチム(細菌を殺す薬)を塗っています。

10月1日 心配なのでちがう整形外科に行くことにしました。
レントゲンで、骨がへこんでいるところがありました。
ひょうそが悪化して「骨髄炎ではないか」と言われ、MRIを撮ることになりました。

翌週のMRIは、思っていたより大変でした。
左の薬指第一関節だけなのに、全身・20分かかりました。
左腕を中心に撮りたいので、体を右の方に寄せてつらかったです。



アーシング


MRIの翌日は、アーシング(体内の電気を地面に流す)をしに海に行きました。
【ご参考】2021.10 ②アーシングをしに海へ – 掌蹠膿疱症性骨関節炎のブログ (ukiblog.net)

海水が良いというので、波打ち際を歩きました。
暑い日だったので気持ちいい。

大型犬も小型犬も鳥もアーシングをしていて、足跡がおもしろかったです。



骨髄炎


【MRIの結果】

骨髄炎と診断されました。
ぬり薬のせいか、痛みはおさまり、指が曲がるようになりました。
今は落ち着いているだけ、とのこと。

★指を清潔に保つように。
★痛みや、膿など異変があったらすぐに来るように。
★ささくれ注意。深爪をしない。
と言われました。

右利きだと、肉を包丁で切ったり、ハンバーグをこねたり、左手が汚れることが多いのです。ビニル手袋が欠かせません。


【血液検査の結果】

●CRP(炎症)値が0.04でした。落ち着いているようです。

●骨形成マーカー(骨芽細胞の働き)は、どうにか正常値だが、少ない。

●骨吸収マーカー(破骨細胞の働き)は、正常でした。


先生に質問をしました。

★指を安静にしたほうがいいか?
→ 動かしてよい。固定すると固まる。

★骨に良いコラーゲンを摂った方がよいか?
→ 食べ物では骨は作れない。

今は安定しているので、様子をみます。まだまだ検査は続きます。


11月に骨密度の検査をすることになりました。

悪化しないように祈るばかりです。








★★★Twitter連携中★★★
 @ukiblog1

★★★最新ブログは無料でメール購読が便利です。スマホ版は下までスクロールして登録!  ↓↓↓↓↓↓


もし、このブログが良かった、ためになったと思ったら、
下の3つのバナー(四角いマークどれでも)を押していただくと、嬉しいです。
ブログランキングの応援お願いいたします! 
↓↓↓ここをクリック↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ 
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村
アバター
uki

神奈川県出身、シングルマザー。娘二人と3人ぐらし。 とても健康だった私が、2020年5月に掌蹠膿疱症性骨関節炎を発症。 家事ができるまでに回復してきたので、病気の経過や生活の変化をお伝えします。2022年4月、指定難病271強直性脊椎炎に認定。  AFP、ライフコンサルタント、きもの講師。闘病中の2020.9 糖質OFFアドバイザー、2021.7 腸活アドバイザー資格取得。  口癖は、「うきうき」。

1件のコメント

2022.9 ①ビオチン療法1年11ヶ月/ EAT(1年4ヶ月) – 掌蹠膿疱症性骨関節炎のブログ 投稿日:08:01 - 2022年9月1日

[…] う普通みたい。」と言われました。一年前はこんな感じ↓。薬指がとても腫れ、痛くて眠れませんでした。整形外科や皮膚科を変えて、検査と通院に追われていました。2021.10 ④骨髄炎 […]

コメントを残す

Proudly powered by WordPress | Theme: Stacy by SpiceThemes