2022.12 ⑤この1年の病状(前編)

2022.12 ⑤この1年の病状(前編)

★最新記事に飛び、翻訳ページに移ることができます。
★読みたい記事は検索・カテゴリーなどから探せます。
★翻訳の前に【others】ボタンをクリックし、見たい記事のURLを左側(上側)にコピーし、読みたい言語を右側(下側)で選択すると見たい記事が見られます。詳しくは2022.2 ②ブログの改善その2


ukiです。ご覧いただきありがとうございます。

2022年の月初①のブログを2回にまとめました。今回は前編。
過去のまとめはコチラ↓

一年前の前編はコチラ→2021.12 ⑦この一年の病状(前編)

二年前の病状→
2020.6 ①激痛 
2020.6 ②娘に感謝!
2020.6 ③総合病院へ



【注意】下に皮膚の状態の写真あり。苦手な方はご注意ください。



【PPPノート】
1~6月の皮膚(上段)痛み(下段)のグラフです。
痛みがない日が増えています。

1月


・左ももの骨がだるい。
昼寝を毎日したら、痛みがなくなってきました。
・2週間ぶりに耳かきをしたら、左だけとても耳垢が出ました。
・首と右鎖骨は常に鈍痛で、くしゃみや笑う時に痛みます。毎日シップを貼ります。
・左薬指は拍手をしても、痛みませんでした。
・両手に洗濯物を持って階段を歩いてもふらつきません。
・いつもは右半身が痛いので左を向いて寝ますが、朝目覚めたら上を向いていました(1年8ヶ月ぶりに寝返り)。調子に乗って右を向いて寝てみたら、体重がかかりすぎて鎖骨・肩甲骨がまた痛くなりました。
・疲れていなければ毎日頭を洗えるなど余裕が出てきました。
・良くなったと思ってストレッチをしたり、無理な動きをすると数日痛くなります







2月

・痛みはありませんが、可動域が狭いです。
・下痢やおならが多くなったり、胃が痛かったりしました。
・長時間の外出はさすがにヘトヘトで、右鎖骨や右肩が痛くなります。
・笑うと鎖骨に響き、痛いです。
・手は指紋が現れてきましたが、皮がむけます。
・指は曲がっていますが、痛みはありません。
・信号が点滅しているときに小走りできました
寝つきが早いです。去年は睡眠薬を飲んでいたので嬉しいです。
・ハローワークの延長申請を取り下げて、就職活動を始めました

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7416.jpg






3月


・右の鎖骨が痛むときがありますが気になりません。
左の顎関節の痛みが気にならなくなりました。
・手はステロイドは塗らず、自然治癒に向かっています。
・寝不足や疲れで痛みが出ます。
・指の曲がりは治りませんが、正面から見ると普通に見えます。
平らなところや、座椅子に座れるようになりました。
・体幹がつき振動が気にならなくなりました。電車でも安心して座れます。自転車でデコボコ道を減速することなく走れます。





4月


朝は機敏には動けませんが、痛みはありません。
・新しいベッド(体圧分散マットレス)は骨が当たらず痛みから解放され、よく眠れます。
・たくさん食べるようになり、便の状態も良く排便がスムーズです。
・動けるので、無理をしてしまいます。昼寝をすることが多かったです。
・障子の張り替えをしたら腰と背中に痛みがぶり返し、以前の恐怖がよみがえりました。寒気や震え、動悸、のどの渇き、どんな体制で寝ようか悩みました。
・左薬指は爪が浮いた感じがします。
・五十肩が良くなり、どうにか好きな服や下着が着られるようになりました。






5月


・股関節の調子が悪く、和式のトイレで苦労しました。
今までは骨と筋肉が癒着している感じでしたが、筋肉が柔らかくなりました。
ポニーテールが好きな高さに結べるようになったり、エプロンの紐も後ろで結べます。
・買い物で重いものを持ったら腰が痛くなったので、カートを使います。
・手は皮がむけますが、落ち着いています。かゆくもありません。
・ここまでに2年かかりましたが、大変だったのは1年半でした。安定しています。





6月


夜更かししても骨が痛くありません。一年前は毎晩痛かったので、夜更かしができることがすごいのです。
・速くドンドンと歩いたら、衝撃で首や腰が痛くなったので、静かにゆっくり行動します。
・週4回のアルバイト。ヘトヘトで痛くて、昼寝をすることが多くなりました
・腸の調子がよいです。
左手はゴワゴワがなくなり、親指が動かしやすくなりました。
・「甘皮が無いということは、まだ指の中にカビがいるということ。薬を続けてください。」と言われました。
・骨と筋肉が動かしやすく、さらに着替えが速くなりました。
・今は補助的な治療になっていますが、痛みがなくなり、薬が減り、自律神経が整ったのはEAT(Bスポット治療)のおかげだと思います。私には合っていました。
・歩きすぎると股関節が痛くなります。



次回は「2022年の病状(後編)」です。




★★★LINEスタンプ販売中★★★
いつもうきうき うきうきちゃん – LINE スタンプ | LINE STORE

 

★★★Twitter連携中★★★
 @ukiblog1


★★★最新ブログは無料でメール購読が便利です。スマホ版は下までスクロールして登録!  ↓↓↓↓↓↓


もし、このブログが良かった、ためになったと思ったら、
下の3つのバナー(四角いマークどれでも)を押していただくと、嬉しいです。
ブログランキングの応援お願いいたします! 
↓↓↓ここをクリック↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ 
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村
アバター
uki

神奈川県出身、シングルマザー。娘二人と3人ぐらし。 とても健康だった私が、2020年5月に掌蹠膿疱症性骨関節炎を発症。 家事ができるまでに回復してきたので、病気の経過や生活の変化をお伝えします。2022年4月、指定難病271強直性脊椎炎に認定。  AFP、ライフコンサルタント、きもの講師。闘病中の2020.9 糖質OFFアドバイザー、2021.7 腸活アドバイザー資格取得。  口癖は、「うきうき」。

1件のコメント

2023.1 ①この一年の病状(後編) – 掌蹠膿疱症性骨関節炎のブログ 投稿日:14:39 - 2023年1月8日

[…] 2022年前編→2022.12 ⑤この1年の病状(前編)一年前の前編2021.12 ⑦この一年の病状(前編)一年前の後編→2021.12 ⑧この一年の病状(後編)二年前の病状→2020.7 ⑦原因が知りたい 2020.8 ⑤決 […]

コメントを残す

Proudly powered by WordPress | Theme: Stacy by SpiceThemes